広報プロモーション・マーケティング

広報プロモーション・マーケティングをご依頼いただく前の課題として、サービスのビジネスモデル自体が新しく、見込み客に対する認知度が低いという課題がありました。

そこで、サービスの認知度を高める為のマスメディア戦略設計、メディア向け企画立案やアプローチ等の広報業務を行いました。

「海底でお酒を熟成させる」というインパクトに加えて、海底熟成酒づくりを通じて海底に藻場ができることでブルーカーボンの取り組みに寄与できる点などを新たな魅力として打ち出し、新聞や雑誌、ラジオなどを通じて活動内容を発信しました。

メディア露出への直接的な影響はもちろん、メディア露出情報を各種SNSやHPなどで二次活用することで、周囲からの信頼が高まり、グループ会社が運営する店舗へ海底熟成酒を求めて日本各地より来店するお客様も増えました。

メディア掲載実績(2024年2月時点)
ネットワーク上の著作権取り扱いに則り公開しています

海底熟成酒づくりの全工程の中でも特に「沈める」「引き上げる」の動作がともなうものは画的にも読者や視聴者に対して魅力的な為、「いつ」「どこで」「どんな」画が撮れる(見れる)かというメディア担当者視点に立った企画を立案しアプローチを行ったことで、複数の掲載獲得に繋げることができました。

酒販関係やコロナ禍からのV字回復などあらゆる切り口やキーワードからより整合性の高いメディアを選定し、1件1件電話・手紙・FAX・メールなど丁寧なアプローチを行いました。

作成したプレスリリースの一部
作成した企画書の一部
作成した企画書の一部
作成した企画書の一部
作成した企画書の一部
作成した企画書の一部
作成した企画書の一部

海底熟成酒プロセスを見える化し、これまでの活動実績を北海道の位置関係がわかるよう地図を入れて説明するなどメディア担当者に興味を持ってもらえる工夫を盛り込みました。

なぜバーテンダーが熟成酒づくりを始めたのかなど経緯も事業ストーリーとして見える化したことで事業に対する想いやメッセージ性を訴求しました。

作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部
作成した会社資料の一部

環境省主催の第11回グッドライフアワードへ応募に向けて企画・資料作成を行いました。
残念ながら入賞は叶いませんでしたが、アワードを通じて多くの方々からのご支援をいただき、サービスの認知度を高める好機となりました。

グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
グッドライフアワードへ応募資料
株式会社北海道海洋熟成 / 酒類海底熟成企画・運営

WORKS

その他の事例紹介